asylum成人向コンテンツの為、18歳未満の閲覧を禁じます。

パラ葱140文字セクハラ

パラ×葱さんのセクハラ140字まとめ。

もうちょっと以前からあったような気がしますがログがあったのがこれなので…

大好きなパラさんが寝てるところにやってきた葱さんの行動

葱「おはよーミルク…朝のミルクは搾りたてが一番…」
パラ「……うっ…!?(ビクッ!ガバッ」
葱「あ、おはよう…」
パラ「何やってるんですか…ルッジェーロさん」
葱「朝のミルク絞り!てへ☆」
パラ「てへ…じゃないですよ。貴方という方は…扱くの辞めてください!」
葱「てへ☆」
パラ「」
11:03 午前 – 24 8 12

温泉にやってきたパラ葱の場合

葱「捲らないしー着付けてやるからぁ…着ようぜー!浴衣ー!」
パラ「でも…そんな風に仰っても捲るのがルッジェーロさんです」
葱「信用ねーのなー(・ω・)」
パラ「いじけた顔しつつ、自分の浴衣の裾をちらっちら捲るの辞めてください!」
葱「ちゃは♪」
パラ「誤魔化されませんよ!」
12:40 午後 – 25 8 12

葱「ジュゼ-!」
パラ「申し訳ありません、今頭を洗っているので見えません」
葱「ちょんまげー! うぉっいてっ!」
パラ「え、ええ? どうしました! ルッジェーロさん」
葱「うぉwあつっw」
パラ「一体何をなさって…………」
葱「シャンプーが滲みた」
パラ「な、なんと言うことをなさって…うわ…」
01:13 午前 – 27 8 12

クレクレ厨

パラさんに調子に乗ってちょっと酒を多く飲ませて、理性の箍の緩んだパラさんがギルメン全員の前で葱さんが魅力的でどれだけ自分が愛しているかを熱弁して、寧ろ自分羞恥プレイになった葱さんください(´ω`)
09:06 午後 – 09 9 12

斜め上の寝言

パラ「ルッジェーロさん子作りしましょう」
葱「は、はいぃ? (ゴッ)…っぅう~、なんちゅー斜め上の夢だ!」
12:17 午後 – 15 9 12

寒い!

葱「うおおおおさっみいいいいい!」
パラ「うわっ!何ですか、ルッジェーロさん」
葱「あったけえ、あったけぇ…」
パラ「お腹が冷えるのは分かりますが…」
葱「(もごもご)」
パラ「何でお尻に顔を…」
葱「だってものすげぇ熱放出しそうなんですもの」
パラ「やめ…うわぁ!」
葱「(布越しに息を吹く)」
12:46 午後 – 22 9 12

葱「革パンは縫い目に息を吹きかければ一点集中するのではないかと閃いた!」
03:54 午後 – 22 9 12

初めての感想

葱パラも初めてか、具合悪くなって寝込んだのをギルメンが見て「まさか、マスターに変な力で孕ませられたんじゃないですか?」とか冗談半分で言ったら、「本当に孕まされてしまうかと思いました」とか素で言ってしまって自爆するパラさんェ…

イイ夫婦になる日

パラ「あの、サブマスさん何で今日の食堂、記者会見配置なんですか?」
廃プリ「GMの皆の希望です」
パラ「ま、マスター…これはどういうことで?」
葱「う、うーん…気遣い?ははは…」
廃プリ「では、始めます」
GM「かんぱーい!」
廃プリ「まずは質問タイムです。私からいいですか?」
葱「お、おう」

廃プリ「では、今日はいい夫婦の日ですが、そろそろ身を固めるつもりはあるんですかね、マスター」
パラ・葱「(ビールブー!)」
廃プリ「あら、汚い。布巾をどうぞ」
葱「いっくらなんでも俺でも焦るわw」
廃プリ「今後のギルド運営としては重要だと思います。あと、個人的に興味もあります」
パラ「…」

サブマスの余計な気遣い

廃プリ「これで是非自己鍛錬に励んでください」(封筒を差し出し)
パラ「え?あ、はい。ありがとうございます」(封筒を確認すると葱の秘蔵セクシーショット。盗撮アングル)
パラ「(どういう意味…いいえ、どっちの意味なんですか!サブマスさん!)」
葱「おーい。ナニ見てるん…だ…」
パラ「うええ」

葱「この写真はどうしたのかい?」
パラ「あ、ああああ…あ…サブマスが…」
葱「あの野郎、相変わらずの盗撮スキルだな」
パラ「え?」
葱「でも、こんなのよりも目の前に本物がいるじゃないか!」
パラ「えっとあの別に欲しかった訳じゃ…」
葱「ええ!?欲しくないの」
パラ「いや、そういう訳では…あぁ」

葱「この写真よりもっと素敵なのを撮ろう」
パラ「そう言って、手を取ってどこに…あ、いや、これ以上素敵なのは置き場に困りますよ!」
葱「これ以上素敵なアングルって気にならない?」
パラ「……あ、貴方の事で興味が湧かない事はありません」
葱「どう?こうミッショナリーアングルで!」
パラ「…?」

ミッショナリーアングルとは

気が向いたらまた増えたり拾ってきます。

もしくは、ここら辺にあるヨーってのがあったら教えてください。

No comments posted.

コメントを残す